さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2018年08月08日

地方史が中央になる


中津川中山道歴史資料館。

秋からの企画展にといってきました。電源開発と山林開発をテーマにするそうです。このところ非公開になっていた北恵那鉄道のジオラマを動くようにシテ展示するのが目玉。今の展示は杉原千畝。1年半ほど過ごしたそうです。その家もわかったそうで、そこから当時の小学校、以前の中津川の様子も展示されていました。近代化においてこの地の大切さ、この地がやってきたことの重要さがわかりました。これまでの課題にも結びついていっきにふくらんできました。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(研究打ち合わせ)の記事画像
広島焼
9999
京都直前会議
職場の会議
帰国へ
日曜日は
同じカテゴリー(研究打ち合わせ)の記事
 広島焼 (2018-07-16 00:00)
 9999 (2018-05-07 00:00)
 京都直前会議 (2018-03-01 00:00)
 職場の会議 (2018-02-08 00:00)
 帰国へ (2018-01-29 00:00)
 日曜日は (2018-01-28 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
地方史が中央になる
    コメント(0)