さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2015年06月09日

鳥の目


鳥瞰図。日本の大家の展覧会でみせていただきました。

上から見る機会が少なかった時代に上からの景色を、しかもテーマをもって1枚に構成する仕事がされていました。絵であり図でありです。どこを強調するか、細かく描くか、実は遠いところも見過ごしそうなところも、特徴を捉えてしっかり描かれています。ミクロからマクロまで、単純なスケール化だけでは描けない構成力がすばらしいです。決して強弱ではありません。弱がない絵です。地理学の地域のとらえ方、描き方、関連づけ方とその表現方法としてたいへん勉強になりました。ジオラマの構成にも似ているようにも感じられました。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(研究)の記事画像
トマト
研究会
串原の日
神様に
学会とOBゼミ
秋の空気
同じカテゴリー(研究)の記事
 トマト (2018-04-18 00:00)
 研究会 (2017-02-27 00:00)
 串原の日 (2016-10-24 00:00)
 神様に (2016-01-17 00:00)
 学会とOBゼミ (2015-11-15 00:00)
 秋の空気 (2015-10-02 00:00)

Posted by のらなか at 00:00│Comments(0)研究
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鳥の目
    コメント(0)