さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2017年03月21日

アリ塚は見ていた


国立公園の中を。

人手のはいっていないところではアリ塚はどんな形なのか、ミクロにもマクロにもどんな分布なのか?公園といっても途中から入って200キロほどあります。アリ塚分布が一様でないこと、大木の生えているものもあれば、草に覆われるものもあれば裸のものもあり。こんな草原地帯でどうやって耕作をはじめていったか、住むようになったか?ぐるぐる巡ります。いっぽうで、この大国立公園はかつてはシャンガン族の土地でした。その歴史も大事です。道中、アリ塚にまつわるいろんな話も知りました。歴史が込められています。ご先祖様ともお話しできます。ひょっとしたら微量元素的にアリ塚も指標になる!?


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(現地調査)の記事画像
伊丹遠征
山寺で
山の春
油断ならない!?
香港ふたたび
アリ塚断面
同じカテゴリー(現地調査)の記事
 伊丹遠征 (2018-07-22 00:00)
 山寺で (2018-07-15 00:00)
 山の春 (2018-04-16 00:00)
 油断ならない!? (2018-04-06 00:00)
 香港ふたたび (2018-03-16 00:00)
 アリ塚断面 (2018-03-14 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アリ塚は見ていた
    コメント(0)