さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2015年11月27日

村おこし視察


ニカラグア先生。

農村の若者と村作りもみたいとのことで、虫絡みで行きました。ここは若者を多く雇用するハム工房もあります。どうやってこの地に根付いてきたのか、勉強になりました。昼は庭でまかないメシパーティー。その後ホタルのためのカワニナ放流を手伝って欲しいとのことでいってきました。これもいかに地域資源にするかの虫利用の例です。
夜は、古民家で交流会。お疲れの様子でしたが調子よく発表もしていただき、話も盛り上がり、わいわいやっていたところで、急に気分がわるくなったと。即座に救急車を要請しました。村の人が同席していて、しかも元消防署長さんというこれ以上ない頼もしい人が
采配とってくれて病院に搬送できました。その結果は、脱水症。来日以来の寒さが応えて、さらに冷えてこれまでの疲れが一気にでたのではと思ってましたが、きちんと呼ぶ側も把握することの大切さを痛感しました。環境差はこちらの想像以上のものがあります。しかも来日時からいろんな災難続きだったそうで。病院ではブドウ糖点滴で暖かくぐっすり眠れたようです。翌朝には元気になって、予定していた山に行きたいといってましたが、これは次に夏に来たときにねと。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(現地調査)の記事画像
機器より好々爺
どうする?
表彰式
本場へ
いきなり圧倒されっぱなし
雲南へ
同じカテゴリー(現地調査)の記事
 機器より好々爺 (2018-12-28 00:00)
 どうする? (2018-12-27 00:00)
 表彰式 (2018-12-26 00:00)
 本場へ (2018-12-25 00:00)
 いきなり圧倒されっぱなし (2018-12-24 00:00)
 雲南へ (2018-12-23 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
村おこし視察
    コメント(0)