さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2015年08月22日

河口へ


サンクトペテルブルグはモスクワ以前の旧都。フィンランド湾の入り江の奧、ネヴァ河口にできた巨大な都市です。地理学的にもおもしろいところです。ここも学会の巡検ツアーが企画されていました。しかしあえなく中止になりました。大学内でみかけた旅行センターで頼んだら夜行列車をとってもらえました。といってもロシア語分からずで結果的にそうなったのですが。乗車駅がどこかが一苦労。行き先別に乗り場が別です。なんとかたどり着き、駅前でごはんを食べていざホームへ。ずらりと15両編成で4人コンパートメント。ふとんもふかふかでゆったり眠れました。800キロの旅。朝ごはんもついていました。


一大観光地ですが、生もの系に出会えたことが最大の収穫。いってよかったです!早朝に着いてまずは市場を探したらありました。エルミタージュでも市場の生ものの絵。海辺へ行こうといってみれば、そこでは農林水産物祭り。たくさんの業者さんがでていました。どこもフレンドリーで、生ものいろいろ。次の課題ができました。ロシアにもまた来れます!

帰りの寝台列車はさらに豪華でした。食事の注文も取りに来てくれました。8時間の旅はたいへんよかったです。





あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(学会・講演)の記事画像
奈良の1日
地理でロマン
岡山の秋
地理学ができること
フィールドワークへ
武漢続き
同じカテゴリー(学会・講演)の記事
 奈良の1日 (2018-11-25 00:00)
 地理でロマン (2018-11-24 00:00)
 岡山の秋 (2018-11-20 00:00)
 地理学ができること (2018-11-17 00:00)
 フィールドワークへ (2018-10-21 00:00)
 武漢続き (2018-05-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
河口へ
    コメント(0)