さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2015年08月21日

ロシア報告

連日いろいろあったので、道中・合間のあれやこれやを一挙に報告。

まずは、メインの地理学会議。モスクワ大学はとにかくでかいです。今回はポスター発表。「おべんとう」がネタです。張ったすぐから関心持ってもらえました。もっていった資料も午前中にはなくなってしまいました。ポスターのフォントサイズなどの指定があって、データや図表を入れるスペースがなくなったので、具体的なデータは別冊付録としました。それは参照用に3部用意しましたが、それもなくなってしまいました。関心を高くもってもらえたということで。

いつもの調査では必須の市場に食品売り場ですが、モスクワにもありました。学会会場へ船で行こうと最寄り駅で降りたら近くで発見。食品、食材がなかなか豊富です。いろいろ買い込んで夜の部屋めし+宴会も。グルジアのチャチャが独特でおいしかったです。

ロシアの地下鉄網は充実しています。移動には欠かせません。しかし深い。最深駅は地下810mとか。地形・地質構造の理由だからと説明されました。どこの駅もそれぞれの装飾がされていてきれいです。

料理が豊富でおいしいです。路地裏や隙間を探していく中、宿近くに1箇所ありました。暖かな日には、オープンカフェはおおぜいの人で大賑わいでした。気に入ったグルジア料理屋さんは2度目にはいっぱいで入れませんでした。晴れた日はやわらかなそよ風の中、最高です。

学会中はさまざまなエクスカーションが用意されています。クレムリン宮殿やその周辺もその一つ。私たちは、自主的エクスカーションで行きました。天気の良い日は、晴れ渡り陽ざしも強く、半袖でも良いですが、寒い日にはコート姿になってます。デパートで革ジャンを物色した若者、値段をみたら10万円。高級物が多いです。

大学中心から歩いて20分ほどで行けるはずの雀が丘。ここはモスクワ川の丘の上で低地側の市内中心部が一望できます。大学塔に登ってみて、市内を一望した後、歩いて行けども着かず。住宅地の中に入り込んでしまいました。90度間違えて進んでしまいました。それはそれで貴重な見聞となりました。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(学会・講演)の記事画像
奈良の1日
地理でロマン
岡山の秋
地理学ができること
フィールドワークへ
武漢続き
同じカテゴリー(学会・講演)の記事
 奈良の1日 (2018-11-25 00:00)
 地理でロマン (2018-11-24 00:00)
 岡山の秋 (2018-11-20 00:00)
 地理学ができること (2018-11-17 00:00)
 フィールドワークへ (2018-10-21 00:00)
 武漢続き (2018-05-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ロシア報告
    コメント(0)