さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2015年07月25日

地理学会で


「テツ」を考える。

それ自身がテーマとなってシンポジウムが開催されました。私はコメンテータでしたが、景気づけするようにとのことで、1月に展示して研究室に置いてあったジオラマを持って行き展示しました。基調講演者は鋼鉄の方々でした。研究の話より客車の話へ、10系、20系、24系と知らない人には何のことやら。その好みが何なのかというあたりをコメントしました。客車が作られた背景やそれぞれの客車で編成された列車を使う人たちがみえてくるとの答え、ノリテツの方の時刻表の数字の羅列からも、その路線の社会背景がみえてくるとのお話に、それが地理だよね!


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(学会・講演)の記事画像
奈良の1日
地理でロマン
岡山の秋
地理学ができること
フィールドワークへ
武漢続き
同じカテゴリー(学会・講演)の記事
 奈良の1日 (2018-11-25 00:00)
 地理でロマン (2018-11-24 00:00)
 岡山の秋 (2018-11-20 00:00)
 地理学ができること (2018-11-17 00:00)
 フィールドワークへ (2018-10-21 00:00)
 武漢続き (2018-05-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
地理学会で
    コメント(0)