さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2014年07月03日

下栗の柄


畑の地面。

草が生えていません。どうして草を生やさずいるのか、いられるのか、急斜面のこの地ではたいへん重要に思えます。ほっておくと土が流れてしまいかねません。畑の土はすぐにできるものではありません。ここにくるまでのおじさんの人生が投影されています。「なぜか」がすべてつながっています。畑作りも野菜の味も生き様だと感じ入りました。自分が追求したいのは、様式ではなくここにあるのだとわかりました。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(現地調査)の記事画像
山の春
油断ならない!?
香港ふたたび
アリ塚断面
上からも下からも
月曜日は
同じカテゴリー(現地調査)の記事
 山の春 (2018-04-16 00:00)
 油断ならない!? (2018-04-06 00:00)
 香港ふたたび (2018-03-16 00:00)
 アリ塚断面 (2018-03-14 00:00)
 上からも下からも (2018-03-13 00:00)
 月曜日は (2018-03-12 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下栗の柄
    コメント(0)