さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2014年03月10日

アリ塚と会議の日



最終日。

ハラレ郊外にアリ塚がぼこぼこある場所があります。前回夕方に通りがかって印象的な場所でした。畑の中に高さ6mほどのものが随所にあり、山頂部までトウモロコシが植わっています。そして頂上には大きなユーフォルビアが。村人もいて話をきけました。半分採って肥料にして、2年おくとまたもとに戻るとか。持続的な利用です。シロアリの4次元世界です!登ってみるとすばらしい世界です。聞きたいことみたいことはいっぱいありますが時間切れ。
 午後は、食料栄養局で折衝。カウンターパート先生がセッテングしてくれました。これもワンステップだと。このためにセミナー後に宿題を出され、道中作りながら直しながら、ここまでこだわるのかというチェックを受けて臨みました。「なぜその場所を選んだのか」という質問などいくつかうけならも、たいへん好意的に受け止めてもらえました。印刷資料で渡すときにあえて「draft」と入れるのも作戦なんだと、先生。こうした機関から協力をいただけることはたいへん心強いです。
 そして、日本大使館で大使を表敬訪問。今回2度目です。ここでも調査協力をおねがいしてきました。
 夜は、在来農法先生と会食。とりあえずやるだけやった感でほっと一息です。夕暮れの空気の中、ビールが気持ち良く染みこみました。澄みわたった星空の元、屋外のブラーイ(バーベキュー)料理でわはわははともりあがりました。そんな中で「どんな巨人でもアリ塚を越えられない」ということわざを紹介いただきました。人類の歴史、自然との共存、そのなかで驕り高ぶらず生きていくことの大切を説くすばらしいことばです。さらに「キノコの種を見たことあるか」ということわざ。これも深い意味があります。大地の歴史、人類発祥の地、深い世界が今につながっていることを深く感じ入りました。ぜひこの先生を日本に、串原に招いて講演いただこうということで決定!
 帰り際、近所のスーパーへ。もう酒コーナーは閉まっていましたが、マネージャーにお願いしたらいいよと。ラッキーでした。
 どうなることやらと不安だけの今回でしたが、過ぎてみれば毎日が充実していました。アリ塚様のお導きでした。


あなたにおススメの記事


Posted by のらなか at 00:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アリ塚と会議の日
    コメント(0)