さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2013年08月23日

20年に1度


お白石持行事。

お伊勢さんの遷宮で、ご正殿に敷かれる「お白石」を一つずつ奉献します。付知から御神木や御用材が伐り出されます。そのご縁でお伊勢の地元とつながりが出来、付知の神社いっしょに奉献することになりました、さらにそのご縁で私も参加させていただきました。出発地からおよそ2キロ、出発式から修了式までおよそ5時間。1000人を超える人たちで牽いていきます。まずはポカリで乾杯。お清めの雨にもあたりました。途中休憩のたびに、沿道で飲み物、食べ物もだしてもらえます。最後は、一気に外宮に運び入れます。そして一つずつ「お白石」を手に受けて、ご正殿へ。真新しい檜のご正殿はすべすべに磨かれた太い柱に壁、そして厚く細かく茅で葺かれた屋根。午後の日差しの中黄金に光っていました。宮川から選び出し、洗って、積んで・・・これまでにも幾多の行事を経た上での今日の行事。そして、遷宮全体では膨大な行事が執りおこなわれます。その一つに加えていただき、一つ一つの蓄積の大切さをあらためて感じ入りました。そしておかげご縁にも感謝です。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日常)の記事画像
陶芸の日
秋の1日
山の中の芝居小屋
創り主に会いに
初もの
百年
同じカテゴリー(日常)の記事
 陶芸の日 (2018-12-02 00:00)
 秋の1日 (2018-11-23 00:00)
 山の中の芝居小屋 (2018-11-18 00:00)
 創り主に会いに (2018-11-13 00:00)
 初もの (2018-11-09 00:00)
 百年 (2018-11-06 00:00)

Posted by のらなか at 00:00│Comments(0)日常
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
20年に1度
    コメント(0)