さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2013年05月26日

ききトリ調査


山仕事の若者が。

鳥の棲める森作りをしたいということで、子どもの頃からに鳥に馴染んでいる付知の知り合いにお願いして早朝から森へいきました。朝5時の森はさわやかですが、薄暗さとは裏腹にいろんな鳥の鳴き声が聞こえてきます。梢から樹幹から、近くでも遠くからでも、・・・目で見える範囲を超えて広く深く、そして森がいろんな形でみえてきます。森への関心の持ち方の新しい視点が広がりました。
そして、なぜそんなに鳥に馴染んでいるか・・・・このあたり一帯の「トリとり文化」も実に奥深いことがわかりました。馴染みの作り方、新しいアイディアができてきました。
そして、村に住む留学生の家で朝ご飯・・・はおすし。でも具がイナゴ!?村の人たちも加わって、村どうしの昔からのつながりでもりあがりました。かつて台風災害の復旧工事で家に泊まり込みで工事していた人が今も元気で会社をやっているとか、名前と顔が次々と浮かび上がってきました。そして今の村を、これからをどうするか、いろんな発想が広がりました。
お昼は、タコ焼き器をもらったということで、タコ焼きを・・・でもタコのかわりにイナゴ。別府で開かれていた国際化学学会のついでにここへ来ていたというドイツ人を連れて帰宅の道中、きのこ採り・野いちご摘みとハチ採りとは何がちがうかで盛り上がりました。
これもまたアイディアがわきおこりました。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(現地調査)の記事画像
朝から会議
ヘボ体験
合流
別動が
地域を考える
ここはハイバチ
同じカテゴリー(現地調査)の記事
 朝から会議 (2018-11-04 00:00)
 ヘボ体験 (2018-11-02 00:00)
 合流 (2018-11-01 00:00)
 別動が (2018-10-30 00:00)
 地域を考える (2018-10-29 00:00)
 ここはハイバチ (2018-10-28 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ききトリ調査
    コメント(0)