さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2012年09月11日

我が大地の歌


あこがれの人に。

中学校2年の時、初めて聞いて以来、34年目にして実際にお目にかかることができました。嬉しい時、悲しい時、砂漠でも海岸でも山の上でも、車に乗っている時も、佇んでいる時も、ふっと思い出すのがこの人の歌の数々でした。フィールドフォーク、ずっとこの歌が根底にあった気がします。7月にアメリカからのブルーグラス若者をお世話して、串原を訪ねたことから、あれよあれよとつながりました。そして、訪問となりました。緊張してお邪魔したのもつかの間、私の拙著にも目を通されていて、とても気さくに話しかけていただき、打ち解けてしまいました。「綴り方」のことをうかがうつもりが、すっかり「虫談義」に。ちょうど虫の新曲を作ったところだったんだと、仲間の方々もいらっしゃってご披露いただきました。まさにその世界!そして懸案の「恵那の綴り方」も大きなヒントを得られました。そして今「綴り方」の歌を作っているんだとのこと。こんどは「カメムシ会」をやろうとなりました。楽しみです。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日常)の記事画像
今日はなんの日?
同級生
6月のとんだ思い出
飲みの間に
卒業&入学祝い会
いざ鎌倉
同じカテゴリー(日常)の記事
 今日はなんの日? (2018-08-22 00:00)
 同級生 (2018-08-09 00:00)
 6月のとんだ思い出 (2018-07-02 00:00)
 飲みの間に (2018-05-10 00:00)
 卒業&入学祝い会 (2018-04-30 00:00)
 いざ鎌倉 (2018-04-28 00:00)

Posted by のらなか at 00:00│Comments(1)日常
この記事へのコメント
 外人が日本人に対してどういうイメージを持とうが関係ないんだろうけど、
Posted by moritani163.com at 2013年05月23日 18:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
我が大地の歌
    コメント(1)