さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2012年08月09日

とりどり


鳥猟。

湖では投げ槍を使います。昨日は1時間で小鳥1匹。朝の方が良く獲れるということで、出かけました。子どもたちが集まってきて総勢20名ほど。小島に着いて気勢を上げます。その姿はまさに勇壮な戦士。脅し声を上げながら、草むらへ分け入っていきます。驚いた鳥が飛び立つと投げ槍が放たれます。いっせいにしかし微妙にタイミングをずらして鳥の進路に当たるようにフォーメーションができています。1匹仕留めたときの雄叫びがすごいです。さらに1匹、2匹と。やがて大きめの鳥も。今日は計4羽。村に帰って火を熾して焼き鳥に。大きな鳥は内臓も食べます。今年は動物の内臓をどの部位まで食べるか調査のポイントです。これは循環科研をやり始めたならではの視点です。より細かいところまで目が向くようになりました。・・・でも総重量は200gに満たず。20人で獲って、さらに村で子どもたちが集まってきて、一人あたりの量は??でも分けてもらった小さな肉片がすばらしくおいしいです。狩猟の技術とともに社会的意味も大事です。いろいろ見所考えどころが満載です。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(現地調査)の記事画像
山の春
油断ならない!?
香港ふたたび
アリ塚断面
上からも下からも
月曜日は
同じカテゴリー(現地調査)の記事
 山の春 (2018-04-16 00:00)
 油断ならない!? (2018-04-06 00:00)
 香港ふたたび (2018-03-16 00:00)
 アリ塚断面 (2018-03-14 00:00)
 上からも下からも (2018-03-13 00:00)
 月曜日は (2018-03-12 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
とりどり
    コメント(0)