さぽろぐ

  日記・一般  |

新規登録ログインヘルプ


2011年12月08日

ふるさと


映画上映。

「ふるさとがえり」という恵那市発信の地域映画。恵那市の人たちが企画し、映画スタッフを招致しつくっていったというものです。監督さん、脚本家さんともにいらしていろいろお話もさせてもらいました。
「ふるさとは、どこで生きるかではない。誰と生きるかだ」今の世の中動く人たちも多い中でこの言葉は大切です。集まった人お客さんたちも泣いて感動してました。すでに何度か観ている人もきていて、いろんな泣き所があるようです。また、「ちゃんと生きよう」というセリフもでてきました。この地へ学生を連れて行くと「ここの暮らしは正しい」か「きちんとしなければいけないと思った」とよく言われるのですが、それが「ちゃんと」なんですね。つながりの大切さ、それを通した景観、「ふるさと」の意味がみえてきます。
なぜ恵那でできたのかと尋ねたら「恵那の人たちは、他と違って大人たちが本気になってバカをやれる。だから自分たちもやらねばと思った」「恵那市だからできたんだ」そうです。「映画つくろまいか」そこからどうすれば実現するか考え、あとはそれに向かって進めていく、こういう当たり前の気持ちが本当にやれるのが強いところです。
そして、この映画を観た全国の人たちが「自分たちの映画だ」っていっている話もうかがえて、とてもうれしかったです。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(もの)の記事画像
お宝
空港で福袋
動く、動かす
うれしい本屋さん
今なお現役
復活!?
同じカテゴリー(もの)の記事
 お宝 (2018-03-22 00:00)
 空港で福袋 (2018-01-03 00:00)
 動く、動かす (2017-09-14 00:00)
 うれしい本屋さん (2017-08-01 00:00)
 今なお現役 (2016-03-14 00:00)
 復活!? (2015-02-08 00:00)

Posted by のらなか at 00:00│Comments(0)もの
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ふるさと
    コメント(0)